人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


 昔のことなら笑いながら話せる。だって本当に楽しいことばかりだったから。未来のことなら笑いながら話せる。だって夢のようなことを実現できると思うから。でも今の気持ちを聞かれたら、僕はつまらないことしか言えない。ずっとそうだった。現実に関してはつまらないことしか言えない。何も想い通りには行かない。何も変わりゃしない。腰の引けたイクジ無しどもがこの世の中を動かしてるのさ。もう一度言おう! 腰の引けたイクジ無しどもがこの世の中を動かしている。これじゃ、みんなカラに閉じこもって昔のことを想い出して笑うしかないのさ。あの娘に愛を告白したかったんだ。でも言えなかった。僕はずっとイクジ無しなんだ。それも今では苦くて甘い想い出さ。でも愛を告白したかったんだ。でも言えなかった。わかったよ。わかった、わかった。つまり、あんたはダメだってことさ。それでいいじゃん。だけど、それで迷惑かけた人がいるのならあやまった方がいいと思うよ。もう一度笑うためにはその前に迷惑をかけた人を笑わせてあげないとね。わかるかい、世の中はそういうもんだ。スジだけは通してくれよ。さあ、笑わせてくれよ、ベイビー。

(忌野清志郎「瀕死の双六問屋」より)

by kgnote | 2010-06-28 18:54 | 抜粋

・・・やっとのことで探り当てたニュースからは、信じがたい屁理屈が重なって出来したいさかいに関する話ばかりこぼれてくる。世界はひろい。このひろい世界に、阿呆は彼ひとりではなかった。種類も性質も異なる阿呆が、いたるところにくすぶっている。いっさいの利害関係、いっさいの権力図式から逃れ、言葉の真の意味で孤立してこそ正しい阿呆の地位を確保できるはずなのに、群れ集って傷を嘗めあいながらなお自分を正統的な阿呆だと勘ちがいしている自信家がいっこうに減らない。われわれは、と彼は歯の浮くような一人称複数で考える。なんという無駄と忍耐をもって度しがたい不幸をつくりあげていくのだろう。彼の耳に、またしても大家の声が聞こえてくる。いいか、きみはまだ若いほうに属する人間だ、けっして大勢にはつくな、多数派に賛同するな、たとえ連中が正しくともだ、こいつは屁理屈なんかではない、なぜなら、数が多いというだけで、それはまちがっているからだよ。

(堀江敏幸「河岸忘日抄」より)

by kgnote | 2010-06-15 21:22 | 抜粋

おれはうそつき(抜粋)


知らないものが多いほど
あなたはぜいたくに生きてます
情報があふれてる世の中で
おぼれないように気をつけよう
おれはうそつき日本一
口から出ることぜんぶ、でまかせ
おれはうそつき世界一
けど信じる者は不幸でもない
頭のなかはいつも秋の空
頭のなかは言葉のような感情

(THE 真心ブラザーズ「頭の中」より)


by kgnote | 2010-06-12 11:33 | 抜粋